日々の生活ルーチンをちょっと変えるだけでも、肥満気味だった体型を、スリムにすることが可能になるといいます。少々の肥満は、生活を不自由にする要素にはなりませんので、そのまま放置していたという人も、たくさんいるといいます。現代は飽食の時代とも言われており、食べ物がなくてつらいということはまず起こりえません。反対に、食べ過ぎて太ってしまったり、ほとんど体を動かさないで生活を送っているという人もふえています。食事が十分に入手できなかった時代の名残として、食事の供給が途絶えても、人間の体は脂肪で何日かは生きていられます。人間の体は長い歴史を経て、飢えから体を守る為に進化して、基本的に脂肪をため込みやすいようにできているのです。本人的には、さほど大量に食事をしているつもりはないのに、いつの間にか脂肪がたくさんついてしまうということもあるようです。肥満気味の段階で、生活習慣を改善しなければ、蓄積されている脂肪の量が徐々に増えて、本格的な肥満体型になってしまうことがあります。肥満予防で大事なことは、体に負担の大きなダイエットをしようとせずに、日々の生活リズムを少しずつ変えていくということです。いつも、時間をきめて体重を記録するという習慣をつくるだけで、体重を減らしたいという自覚を促し、肥満の予防効果を高めることができます。目につきやすいところに美味しそうなものがあるとついつい食べてしまいます。間食を予防するために、お菓子は見えないようにしておきましょう。簡単にできることを取り入れて、少しずつ生活習慣を変えたり工夫するだけでも、肥満にならない為の予防策として効果が期待できます。